FC2ブログ
白くまオヤジとまっ赤なアルファ
風体の上がらぬ白髪頭の40オヤジが手に入れたのは、なんとまっ赤なアルファロメオだった。ちょっと古いラテン車好きがアルファ147と繰り広げるドタバタ奮闘記。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



飼うか飼われるか!?
サソリの実践飼育記 Vol.19
AUTOBIANCHI A112 ABARTH
「過去編」


引きつづき足周のリフレッシュ作戦である。ヘタリ切ったコニのダンパーを外しショップオリジナルのダンパーと交換していく。


それにしてもダンパーはスカスカであった。手で押すと動くといったレベルではなく、立てておくとシャフトの重量だけで沈み込んでいくくらい。完全にスプリングだけで支えていたことになり、これではまともに姿勢を制御できないわけである。


ちなみにダンパーの減衰力はオリジナル比で約30%アップ、スプリングレートは約50%アップの2.8kgという話。ただ、本格的なレーサーはその2倍以上というから、これでもソフトな方なのだ。


そしてリアのリーフスプリング交換。リーフスプリングはノーマルより湾曲が少なく見えるものの、リーフ自体の厚みがある上にレートも高くなっているとのこと。また、このセットを組めば基本セッティングは出ているとのことで、足周りのセッティングは非常に時間もお金も掛かるものゆえ、ほっと一安心である。


しかしながら組み込んでみると思った以上に下がっているのに少々びっくり。155-65R13だとリアはフェンダーとの隙間に指も入らないくらい。「ムムッ、ちょっとヤンチャな感じになってしまった……」である。

そんなことで作業は順調に進み、エンジンルームの剛性を確保するためにフレームトラクションロッドを装備し、そしてアッパー側にもストラットタワーバーを装着しようとした時に問題が発生(そんな大げさなことではないけど……)。すでにエンジンルームが歪んでしまっているのか、それともスパルコ製品のクォリティが低いのが原因なのか、どうしてもアッパー側が取り付けられないのである。


というわけで、結局切った貼ったの作業をするのもなんなので、今回はストラットタワーバーの装着は見送ることに。メカニック曰く「イタ車のパーツには良くあることですから……」と。さすがイタ車(?)である。妙に納得。


そしてアライメントを取ってもらい、いざ出撃。走り始めてすぐの印象は「こりゃあ結構ハードだぞぉ!」というもの。そう、思っていた以上に固い乗り心地なのである。工事中の荒れた路面に出くわすとドンドンッともろに衝撃が伝わってくるし、細かなピッチングも引き起こす有様。


なるほど、一瞬にしてワタシは理解した。たとえば今までの状態はノーマルの30%マイナスだったとしよう。それが30%ハードに振ったのだから単純計算で約2倍近くになったという計算が成り立つ。そう、ワタシの思っていたノーマルの基準がズレていたのである。オリジナル自体がもう少しハード目だったのだ。


それに限界まで攻め込むとボディの捩れが少なくなったせいか、フロントサスに粘りがなく逃げるような挙動を示すようになったのに加え、思っていたよりトラクションが伝わらないのは意外。さらに言えばブレーキ周りを強化したものの期待したほどの制動力は得られず、ロックポイントだけが早く(これはたぶんグリップ力の弱いタイヤを履いていることが一番の原因)なってしまった。「う~ん、思っていたのとはちょっと違うかも」である。


とは言いながらも走り込む内に次第と各部が馴染んできて、ようやく最近では少々固めながらロールや荷重移動がしっかりと感じられ、さらに路面に対しての追従性もまずまずのレベルまで上がってきているので一安心といったところ。足周りをリフレッシュしただけで、軽自動車用の、しかもベーシックグレードのタイヤを履きながらも、ミニサーキットであればアベレージドライバーの駆るアルファ156インテグラーレと対等に走れるのだから、まずまずの仕上がりではなかろうか。


あとはホイールをまともな物にしたい……。べストは程度の良いノーマルのスチールホイールなのだが、そう簡単に見付かるわけもないので、多少値は張るけども、軽量で高剛性の最新物を思い切って買うのも一つの手だと考えている。見た目のバランスはあまり良くないだろうか……。つづく。





スポンサーサイト

プロフィール

白くまオヤジ

Author:白くまオヤジ
はじめまして、ちょっと古いラテン車に目がない白くまオヤジです。自動車業界の裏方をやってます。ちなみに車歴はミニ・クーパー、ルノー5、リトモ130TC、VWゴルフ2、ビアンキ・アバルトなどです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。