FC2ブログ
白くまオヤジとまっ赤なアルファ
風体の上がらぬ白髪頭の40オヤジが手に入れたのは、なんとまっ赤なアルファロメオだった。ちょっと古いラテン車好きがアルファ147と繰り広げるドタバタ奮闘記。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



飼うか飼われるか!?
サソリの実践飼育記 Vol.32
AUTOBIANCHI A112 ABARTH


「原因は燃料センサーだったのかぁ!」と、夜中のメインテナンスファクトリーで叫ぶワタシ。


いきなりなんなのだけど、話を順序立ててお話すると、こうなのだ。あるイタ車系スポーツイベントに出撃するため、豪雨の中央高速を長野県に向けてひた走っていたワタシ。


と、突然エンジンストップ。「デスビに水でも入ったのかなぁ」。暗闇の中、モゾモゾと点検するものの異常は見つからず、それに雨避けにガムテープでグリルを塞いでみても効果なし。10分も走るとまた止まってしまう。


辛くも現場には到着したものの、レースの方は当然リタイヤである。闘う前にクルマが壊れてしまった……。激しく落ち込む。



当然のことながら帰りは行きより悪戦苦闘。少し走っては止まり、少し走っては止まり、を繰り返し、東京に辿り着いたのは約8時間後(普通なら2時間)。


行楽シーズンの休日、クルマの数も多く、無事に帰ってこれたのはラッキーというしかない。もし長いトンネル内で止まろうものなら、追突事故&大渋滞を引き起こす可能性だって十分あったわけで……。もう笹子トンネルや小仏トンネルでは「どうか止まらないで!」と祈る有様。


というわけで、さっそく主治医のファクトリーに持ち込み、燃料フィルターとポンプを新品に交換。しかし症状は消えず。「原因は何だろう?」と頭を悩ませるワタシ。デスビでもなければプラグでもない、はたまたジェットの詰まりでもなかった……。


となればメカニック曰く「もうあそこしかないでしょう、燃料センサー関係ですね」と。


見ると燃料を吸い込むホースの先端が潰れている上、そこに付いている網状のフィルターが破れて異物がゴッソリと詰まっていた。燃料が行かなければエンストしてしまうのは当然のこと。小学生でも解る原理。でも、ここまで突き止めるのにけっこう悩んでしてしまった。


それにしても色々と面倒を引き起こすイタリア娘(?)である。キャブのリンケージトラブルでエンジンが暴走したのをはじめ、ホイール脱落事件、ラジエター液漏れ、水温計トラブル、オイル漏れ、ライトスイッチ破損……と、数え上げたら切りがない。


でも、なぜか憎めないのである。このクルマをワインディングロードに連れ出してFドリを決めれば、そんなことなどサァーッと忘れてしまうのだ。やっぱりイタ車乗りは頭の中が根っから『ゴクラク』なのかも(ワタシだけか……)。



スポンサーサイト

プロフィール

白くまオヤジ

Author:白くまオヤジ
はじめまして、ちょっと古いラテン車に目がない白くまオヤジです。自動車業界の裏方をやってます。ちなみに車歴はミニ・クーパー、ルノー5、リトモ130TC、VWゴルフ2、ビアンキ・アバルトなどです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。