FC2ブログ
白くまオヤジとまっ赤なアルファ
風体の上がらぬ白髪頭の40オヤジが手に入れたのは、なんとまっ赤なアルファロメオだった。ちょっと古いラテン車好きがアルファ147と繰り広げるドタバタ奮闘記。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



飼うか飼われるか!?
サソリの実践飼育記 Vol.30
AUTOBIANCHI A112 ABARTH
「過去編」


あっ、ボディカバーに染みが……。ある日、仕事に出掛けるためにビアンキ・アバルトを出撃させようとした時、ちょうど給油口あたりが変色しているのに気がついた。


急いでカバーをめくって蓋を開けてみると、少しばかり湿っている。さらに地面に目を落とすと、500円玉ほどの沁みが。ニオイを嗅いでみたものの、いまひとつ解らず。ガゾリンならもっとクサイはずなのだけど。


さらに下に潜ってみると、サイドシルにはガソリンホースが通っていて、そのつなぎ目がちょっと濡れていた。もしかしてここから漏れたのかも(?)バンドの締めつけが甘くなったとか、ホースが劣化してひび割れたとか……。




結局、しばらく様子を見ることにしたのだけれど、それ以上症状は進まず。


メカニック曰く、「燃料をちょっと入れ過ぎて噴き出してきちゃったとか、チャコールキャニスターに通じるホースのかしめ部分から漏れたとか、そんな感じかも」とのこと。


燃料タンクから出ているメインの太いホースや、燃料センサーに関しては以前交換しているから、たぶんそんなところなのだろう。


それにしても燃料系は甘く見られないトラブル。最悪の場合、燃える(!)可能性も。相変わらず手間のかかるイタリア娘(?)である。





スポンサーサイト

プロフィール

白くまオヤジ

Author:白くまオヤジ
はじめまして、ちょっと古いラテン車に目がない白くまオヤジです。自動車業界の裏方をやってます。ちなみに車歴はミニ・クーパー、ルノー5、リトモ130TC、VWゴルフ2、ビアンキ・アバルトなどです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。