FC2ブログ
白くまオヤジとまっ赤なアルファ
風体の上がらぬ白髪頭の40オヤジが手に入れたのは、なんとまっ赤なアルファロメオだった。ちょっと古いラテン車好きがアルファ147と繰り広げるドタバタ奮闘記。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



飼うか飼われるか!?
サソリの実践飼育記 Vol.24
AUTOBIANCHI A112 ABARTH
「過去編」


「カタカタ、コトコト、ギシギシ」


毎度運転席の後ろから聞こえてくる異音である。実はこの音の正体は、開閉式のクォーターウィンドウを留めているヒンジがちぎれて、ウェザーストリップと擦れたり捩れたりする時に発生する音なのである。


とりあえず両面テープでガラスとラバー部分を接着してはいるものの、やはりいつ外れてもおかしくない状態。まさか走行中に外れてガラスが飛んでいく、なんてことは起きないだろうけど、心配と言えば心配である。


パーツ自体は高い物(といっても1個1300円もした)ではないので、機を見て交換することに。



続きを読む
スポンサーサイト



飼うか飼われるか!?
サソリの実践飼育記 Vol.23
AUTOBIANCHI A112 ABARTH
「過去編」


ある日、ワタシはいつものように仕事先へと出向くために五日市街道を東に走っていた。信号で止まって再スタートを切り、1速から2速にシフトしようとした瞬間、いきなりエンジンの回転数が上がり始めた。


「なっ、なんだろう(?)ちょっと調子が悪いのかなぁ……」


理由が解からず戸惑うワタシ。再び信号の後の再発進。またシフトチェンジをしようとクラッチを切ると回転数は上がり始め、スロットルペダルを完OFFにしてもその勢いは変わらず、4000、5000、6000と上がり続ける。


「やっ、やばい。このままじゃオーバーレブさせちゃう!」


次の瞬間、間一髪の所で5速に叩き込み、無理やり回転数を下げたものの、ワタシの頭の中は「?????」で一杯である。この僅かな時間。たった1秒にも満たないだろうこの時間が、永遠とも言える時間に感じてしまった……。冷や汗。


スロットルリンケージに不具合が出たか(?)それともキャブが狂ったか(?)はたまた汚れたエアクリーナーをそのままにしておいたから空気と燃料のバランスが狂ったのか(?)いくつかの原因が頭の中を過ぎり、導き出された答は「良く解からない!」というものであった。






続きを読む
車検ph2


「じゃじゃ馬だけど刺激的」「手が掛からないけど退屈」


貴方ならどちらを選ぶだろうか……。もちろんそれは女性の話ではなく、あくまでもクルマの話である。


これまでワタシの下にあったラテン車は、ほとんど例外なく前者であり、次から次へとトラブルが多発し、危険な場面に遭遇したことも一度や二度ではなかった。


それでも、うだるような真夏の暑い日に、アイスコーヒーだと信じて疑いもせずに一気に飲み干したそれが、あろうことか麺つゆだった時のように、すぐさま叩き捨てることをしなかったのは、すべてを忘れさせてくれる官能的な走りの魅力があったからこそ、である。


ひるがえってアルファ147。果たして、この二年間で発生したトラブルはゼロ。そう、何ひとつワタシの手を煩わせることがなかったのだ。

続きを読む

プロフィール

白くまオヤジ

Author:白くまオヤジ
はじめまして、ちょっと古いラテン車に目がない白くまオヤジです。自動車業界の裏方をやってます。ちなみに車歴はミニ・クーパー、ルノー5、リトモ130TC、VWゴルフ2、ビアンキ・アバルトなどです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。