FC2ブログ
白くまオヤジとまっ赤なアルファ
風体の上がらぬ白髪頭の40オヤジが手に入れたのは、なんとまっ赤なアルファロメオだった。ちょっと古いラテン車好きがアルファ147と繰り広げるドタバタ奮闘記。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






白くまオヤジの戯言インプレ


ここで紹介する試乗記は、個人的な感想を綴ったものです。あくまでも専門家の評価ではありません。商品開発のためにテストした、あるいはオーナーさんの好意で試乗させて頂いた、など。それらの際にメモを取り、まとめた物です。コーヒーブレイク(!?)といった感じで、お付き合いしてもらえるとうれしいです。




ALFA 147 1.6 TS
※2004年9月試乗



「1.6Lエンジンを積んだアルファ147は、アルファ・ロメオ入門として最適!」と、ワタシも最初はそう考えていた。手の届く価格、手頃な大きさ、高回転型のエンジンなど、まさに若い人たちにとってうってつけの存在だと。しかし、今回ジックリとテストして解かったのは、「クルマを良く理解している人たちにこそ乗って欲しい!」ということ。


そう、若い人たちに受けるような解かりやすい魅力を持っているのは2.0Lの方、だと思うのである。十分なパワーを感じさせてくれるし、限界内だったらグイグイ曲がるハンドリングもいい。さらには固められた足周りとセレスピードで、まるでスポーツカーを走らせている気分に浸れる。


対して1.6Lの方は、さすがに120馬力のエンジンで1240㎏のボディを引っ張るのは荷が重いし、足周りはやわらかい上に15インチのホイール&タイヤは押し出しに欠け、BOSEサウンド・システムやCDチェンジャーといった物も装備されない。しかもマニュアル・トランス・オンリーで最新のエレクトリック・デバイスも最小限。ハッキリ言って若い人たちにはすぐ理解出来ないのではなかろうか、このクルマの真の魅力を。




続きを読む
スポンサーサイト





白くまオヤジの戯言インプレ


ここで紹介する試乗記は、個人的な感想を綴ったものです。あくまでも専門家の評価ではありません。商品開発のためにテストした、あるいはオーナーさんの好意で試乗させて頂いた、など。それらの際にメモを取り、まとめた物です。コーヒーブレイク(!?)といった感じで、お付き合いしてもらえるとうれしいです。


ALFA 147 GTA
※2003年5月試乗





トルク・ステアが如実に顔を出し、暴れるステアリングを押さえ付けながらスロットル・ペダルを踏んでいくと、あっという間に1速はレッド・ゾーンに。クラッチを蹴るようにして2速に叩き込む。まだクルマが暴れる。そして3速。リミッターはかなり大げさに働く。ランエボやインプレッサといった国産280馬力軍団のごとくカミソリのような切れ味鋭い加速ではないものの、公道で楽しむ分には十分なパフォーマンスだ。


シンクロもテスト車両はやや3速が弱っているとは言いながらまずまずの働き。それにトルク&パワー特性も、お世辞にも低回転でのトルクが太いとは言えず、負荷が掛かった時の息遣いも少々心許なく感じられるが、上手くエレクトリック・デバイスで制御していると感じる。また回転フィールも未だ荒々しい鼓動が伝わってくるもの。しかし、これはどう考えても演出だと考えられる。スムーズに仕上げられるハズなのに、あえてそうしないのである。





続きを読む





白くまオヤジの戯言インプレ


ここで紹介する試乗記は、個人的な感想を綴ったものです。あくまでも専門家の評価ではありません。商品開発のためにテストした、あるいはオーナーさんの好意で試乗させて頂いた、など。それらの際にメモを取り、まとめた物です。コーヒーブレイク(!?)といった感じで、お付き合いしてもらえるとうれしいです。




ALFA 147 2.0 TS
※2002年2月試乗


ギリシア時代の哲学者のような、アマゾンに生息するナマズのような、なんとも形容のし難い造形を見せるフロント周り、アルファロメオのシンボルである楯と、バンパー&ボディをうまく融合させたデザインは見る者を圧倒する。


またエンジン・フードやボディ・サイドにかけては大理石を彫刻刀で削ったような手法が用いられ、これによりけっしてコンパクトとは言えなくなってしまったボディ・サイズをもちながら、あるいはボリュームをもたせるようなサイド・フォルムをもちながら、けっして“デブ”には見せていない。


あえてクラシカルな雰囲気を醸し出すために、手で握る形状が採用されたドア・ノブはメッキが施されており、ワタシはそのドア・ノブを引いてドアを開けた。しかし、そのドアは3ドアゆえに大きく重く、さらに一段階目の引っ掛かりが約30度ほど、二段階目が約50度ほどであり、狭い駐車場などでは乗り降りに若干苦労させられると感じた。一段階目では開閉角度が狭すぎて身体が引っ掛かり、二段階目では隣のクルマにドアをブツける可能性がある、ということだ。


続きを読む

プロフィール

白くまオヤジ

Author:白くまオヤジ
はじめまして、ちょっと古いラテン車に目がない白くまオヤジです。自動車業界の裏方をやってます。ちなみに車歴はミニ・クーパー、ルノー5、リトモ130TC、VWゴルフ2、ビアンキ・アバルトなどです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。