FC2ブログ
白くまオヤジとまっ赤なアルファ
風体の上がらぬ白髪頭の40オヤジが手に入れたのは、なんとまっ赤なアルファロメオだった。ちょっと古いラテン車好きがアルファ147と繰り広げるドタバタ奮闘記。



日本全国パンの旅2 Vol.22


『枝豆とチーズのリュスティック




やっぱり枝豆とパンは合う。


加えて、ベーコン、あるいはチーズを足しても味の広がりが出る。


形も同様。フーガスでもいいしリュスティックでもいい。


このお店では、高加水のもちもち生地と合わせていた。


羽田神社へのお参りのあと、ブラブラ散歩の途中で見つけた「ベーカリー カルテット」。


コッペパンがイチオシらしいけど、ハード系も「なかなかやりますねぇ」、なのであった。





スポンサーサイト




『はしご



日本橋から千鳥ヶ淵神田川明治神宮代々木公園と、


花見のはしご」と洒落てみた週末。


それぞれ趣きがあって楽しめたのだけど、


一番印象に残ったのは、最後に訪れた代々木公園


1~2時間待ち、というトイレ行列であった。











『想い出の時の鐘



終電がとうに終わった午前2時。


何人かでまとまってクルマで帰宅する、というのが常であった。


早稲田から川越、所沢、国立…。


もちろん、ドライバーは一番下っ端のワタシである。


土地勘のない街、しかも標識の確認しづらい深夜、


上司のいい加減な道案内で、川越の街で右往左右したことが懐かしい。


ちなみに、妻と川越街歩きに訪れるのは、それから25年が経ってからのことである。












日本全国パンの旅2 Vol.21


カツサンド


とんかついなば和幸


カツレツをパンで挟んだもの、それがカツサンドである。


しかし、そんな単純なものなのに、ワタシはカツサンドの基準すら見付けられずにいる。


大切なのはパンなのかカツなのか、素材なのか調理法なのか、それとも…。


10年ぶりのリーグ優勝で沸く、西武ライオンズのファン感謝デーで、いなば和幸のカツサンドを頬張りながらそんなことを考えていた。







日本全国パンの旅2 Vol.20


ミンスパイ


ウィムジー



開店からいくらも経っていないというのに、すでに催事場は人、人、人…。


特に食べ物系のブースでは、長い行列が出来ていた。


東京は新宿伊勢丹で『英国展』が催されるというので、いそいそと出掛けていった日曜日の午前10時。


普段であれば、その人ごみを見ただけで、取って返すワタシなのだが、


今回、そうしなかったのには理由がある。


なぜなら、ふと立ち止まった穏やかなブースで、ひっそりとたたずむミンスパイを見つけたからである。


クリスマスになると大量に出回る庶民的なお菓子。


ホロホロと崩れるパイ生地を使ったタルトに、これでもか、と言わんばかりに投入されたスパイスと、洋酒漬けフルーツが詰め込まれた小さなお菓子。



弾丸取材でヘロヘロになったブランズ・ハッチを思い出す、忘れ得ぬお菓子。






プロフィール

白くまオヤジ

Author:白くまオヤジ
はじめまして、ちょっと古いラテン車に目がない白くまオヤジです。自動車業界の裏方をやってます。ちなみに車歴はミニ・クーパー、ルノー5、リトモ130TC、VWゴルフ2、ビアンキ・アバルトなどです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード